HOME > 活動報告 > 2018年7月の活動報告
活動報告
2018年7月の活動報告

~収穫祭~

 7月24日(火)積水ハウス公開講座「収穫祭&みどりのカーテンのひみつを知ろう!」に参加しました。参加者数はこども17人、保護者7人、スタッフ8人。
みどりのカーテンの内外の温度を測って涼しさを体験した後、ゴーヤ、メロン、キュウリ、カボチャ、ミニトマトなどたくさんの果菜を収穫しました。その後、プロの料理の先生にみどりのカーテンでできる食材を使ってお料理の実演と試食をさせてもらいました。
実演では上手に子どもたちを手伝わせて、こどもたちの興味を引き出してくれました。 おいしいお料理とたくさんの収穫物を頂いてこどもたちは元気いっぱいで帰りました。

2018年7月の活動報告

~夏の里山活動~

 7月29日(日)夏の里山活動の予定でしたが、台風一過の強風のため、鹿背山での活動は中止。リサ研でのカレー作りとセミのぬけがらやアゲハの幼虫の観察をしました。
参加者数は子ども12名、保護者5名、サポーター7名。 カレーのお肉は、鹿背山元気プロジェクトの方が、わざわざ鹿肉と猪肉を届けてくださいました。ご飯は、災害時にも使えるという、お米と水をポリ袋に入れ、沸騰水に浸ける方法を試しました。横着して1袋2合にしたためか、ムラができてしまいました。でも、たっぷりの野生のお肉の入ったカレーのおかげでおいしく食べることができました。 今度は1合ずつ袋に入れてやってみよう。
今回は、猛暑と台風で、開催をどうするかずいぶん悩みました。夏の野山を駆け回って昆虫観察という夏休みの風景を作り出すのがだんだん難しい気象へと変わってきているのではないかと心配です。